水素水 TOP >  水素水が予防に活用 >  動脈硬化

水素水と動脈硬化の関係は

動脈硬化の原因は活性酸素だった!

動脈硬化は「サイレント・キラー」と呼ばれている恐ろしい症状です。自覚症状がないのにどんどん進行してしまうからです。

動脈硬化になる原因は活性酸素であるといわれています。
水素水は活性酸素を除去するといわれています。水素水を飲むことは動脈硬化の予防につながると考えられます。

動脈硬化の原因となるのは、活性酸素と悪玉コレステロール。
血管の最も内側、血管内皮細胞が高血圧などの理由により傷つけられると、悪玉コレステロールはすかさずその血管内皮の内側に入り込んでいきます。
内側に入り込んだ悪玉コレステロールは、活性酸素によって酸化され、身体にとって不要な物質に変わります。
身体に不必要な物質なので身体の免疫システムを担う白血球が働き始めます。白血球(マクロファージ)は悪玉コレステロールを食べます。
この悪玉コレステロールを取り込んだマクロファージの残骸は、やがてもりあがって(アテロームプラーク)内膜はどんどん厚くなり、動脈硬化を引き起こすのです。

活性酸素を取り除くことで動脈硬化を予防する

動脈硬化の原因の1つは、活性酸素でした。
悪玉コレステロールは、それだけでは特に身体に悪影響を与えません。
活性酸素によって悪玉コレステロールが酸化することが根本原因なのです。

動脈硬化の予防には、活性酸素を取り除くことが大切なのです。

活性酸素は水素水で除去

身体内の活性酸素を取り除くのに最もおすすめしたいのが、水素水です。
水素水は活性酸素の除去効果が認められます。
というのも、身体に悪影響を及ぼす活性酸素は、水素と強く反応する性質を持っているのです。

水素水は水素と水から作られているため、飲んでも副作用などがありません。
飲みすぎると特に何も起こらず尿となって排出するだけです。

水素水は効率よく身体に取り入れたいですね

水素水は最近はやっているので、様々な会社から色々な商品が出ていますが、注目したいのが水素濃度です。
水素水の水素は大変空気中に逃げていきやすいのです。抜けやすいとも言います。

そのため、出来る限り濃度の高い水素水がおすすめ。
しかも、水素が抜けないような工夫がされているとなおのこと良いですね。

私がもっともオススメなのが、水素濃度の高いトラストウォーターです。
しかもアルミパウチ製法なので水素が逃げにくいのです。
こだわって作られている水素水で、動脈硬化を予防しましょう。


おいしい水の水素水 一覧

アンチエイジング効果 一覧

健康になる

水素水が予防に活用

水素水ランキング

高濃度水素水 レビュー

トラストウォーター