水素水 TOP > 動脈硬化 > 水素水と動脈硬化の関係は

水素水と動脈硬化の関係は

動脈硬化の原因は活性酸素だった!

動脈硬化は「サイレント・キラー」と呼ばれている恐ろしい症状です。自覚症状がないのにどんどん進行してしまうからです。

動脈硬化になる原因は活性酸素であるといわれています。
水素水は活性酸素を除去するといわれています。水素水を飲むことは動脈硬化の予防につながると考えられます。

動脈硬化の原因となるのは、活性酸素と悪玉コレステロール。
血管の最も内側、血管内皮細胞が高血圧などの理由により傷つけられると、悪玉コレステロールはすかさずその血管内皮の内側に入り込んでいきます。
内側に入り込んだ悪玉コレステロールは、活性酸素によって酸化され、身体にとって不要な物質に変わります。
身体に不必要な物質なので身体の免疫システムを担う白血球が働き始めます。白血球(マクロファージ)は悪玉コレステロールを食べます。
この悪玉コレステロールを取り込んだマクロファージの残骸は、やがてもりあがって(アテロームプラーク)内膜はどんどん厚くなり、動脈硬化を引き起こすのです。

おいしい水の水素水 一覧

アンチエイジング効果 一覧

健康になる

水素水が予防に活用

水素水ランキング

高濃度水素水 レビュー

トラストウォーター