水素水 TOP >  健康になる >  二日酔い

水素水で二日酔いのつらい症状が無くなる!水素水の効果

水素水で対策!二日酔い

水素水は二日酔い予防にも効果があります。
お酒を飲んだら水分補給をした方がよいことはみなさんもご存知かと思います。 水素水も水ですから、飲んだら効果あるのが当たり前じゃないかって? いえいえただの水にはできないことが水素水ならできるんです。

二日酔いと水素の関係

二日酔はどうして起きてしまうのでしょうか。 実は活性酸素が大きく関わっているんです。

活性酸素は本来、決して悪いものではなく、正常であれば細胞の保護にも役立っているのですが、増えすぎると排出されず体内に留まって酸化力の高い悪玉活性酸素となってからだをサビつかせる(老化させる)原因になります
活性酸素がどんなときに多く作られてしまうかというと、例えばストレスや睡眠不足、食べ過ぎ、喫煙などが原因として挙げられます。
お酒の飲み過ぎでも多くの活性酸素が発生します。

そして、過剰に増えた活性酸素を取り除くことができるのが水素の抗酸化作用です。

二日酔いの症状は中毒症状

お酒を飲むと体の中ではどんなことが起きているのでしょうか。
アルコールは身体にとっては毒と認識され、何とか、からだに害のない物質に変えようと努力します。
肝臓に送られたアルコールは、アセドアルデヒドに分解され、酢酸になり、最後は水と二酸化炭素になります。
肝機能が弱っているとこの分解がうまくいきません(水素水には肝臓機能を改善する効果があるとも言われています)。

実はアセドアルデヒドというのが曲者で、アルコールそのものよりも毒性が強く、頭痛や吐き気といった二日酔いと同じような症状を引き起こします
この時、毒であるアセドアルデヒドを感知して、緊急事態とばかりに多くの活性酸素が発生してしまうのです。
悪酔い、二日酔いの原因はアセドアルデヒドの中毒症状と言ってもよいかもしれません。

酒飲みの水素水活用術

悪玉活性酸素の原因になることはしない方がいいというのは間違いないでしょうが、好きなことを止めなければならないとなるとそれもまたストレスになりますし、付き合いや仕事上仕方ないこともあります。
水素水を上手に使って二日酔いや悪酔いを防ぎましょう。

では、水素水はどのタイミングで飲むのがよいでしょうか

水割りなら水素水割りにしてもいいですし、チェイサー(強いお酒に添える水や炭酸など)として水素水を添えるのもよいと思います。
その場に水素水を用意してなくても、飲んで帰った後でも水素水を飲んで寝れば翌朝のあのしんどい症状は緩和されるはずですよ(これは私も体験済なのでおすすめ)。そして目覚めの1杯も水素水で。
その際に注意していただきたいのが、きちんと水素の入っている水素水を選んで飲むことです。

二日酔い予防に飲むには高濃度水素水を

最近は水素水とひとくちに言ってもいろいろな種類が発売されています。中には近所のスーパーに置いてあるものもあります。
近所のスーパーに置いてあるものは作った時期などを考えても水素水が正しく含まれているのか疑問ですが、せっかく飲むなら水素水が多く含まれている高濃度水素水を飲んで、二日酔い予防して頂きたいです。


二日酔いに困ったならぜひ試してほしいトラストウォーター


トラストウォーター限定お試しセット(400ml×15パック) 通常価格6,480円+送料1,000円+代引手数料420円のところ
初回限定1.800円(税込)


おいしい水の水素水 一覧

アンチエイジング効果 一覧

健康になる

水素水が予防に活用

水素水ランキング

高濃度水素水 レビュー

トラストウォーター