水素水 TOP > 二日酔い > 二日酔いの症状は中毒症状

二日酔いの症状は中毒症状

お酒を飲むと体の中ではどんなことが起きているのでしょうか。
アルコールは身体にとっては毒と認識され、何とか、からだに害のない物質に変えようと努力します。
肝臓に送られたアルコールは、アセドアルデヒドに分解され、酢酸になり、最後は水と二酸化炭素になります。
肝機能が弱っているとこの分解がうまくいきません(水素水には肝臓機能を改善する効果があるとも言われています)。

実はアセドアルデヒドというのが曲者で、アルコールそのものよりも毒性が強く、頭痛や吐き気といった二日酔いと同じような症状を引き起こします
この時、毒であるアセドアルデヒドを感知して、緊急事態とばかりに多くの活性酸素が発生してしまうのです。
悪酔い、二日酔いの原因はアセドアルデヒドの中毒症状と言ってもよいかもしれません。

おいしい水の水素水 一覧

アンチエイジング効果 一覧

健康になる

水素水が予防に活用

水素水ランキング

高濃度水素水 レビュー

トラストウォーター