水素水 TOP >  水素水が予防に活用 >  脳梗塞

水素水と脳梗塞

日本人の死亡率の高い脳梗塞

脳梗塞は、動脈硬化が脳の血管に起こり、やがて脳の血管が詰まってしまう症状です。
脳の血管が詰まることで、詰まった部分の脳細胞が壊死し、重篤な障害を引き起こします。

脳梗塞は発見からの時間が命取りになります。
発見が遅れると、歩行や日常生活におけるすべての動作に差障ってしまうのです。
発症してから比較的短時間で意識不明に陥ります。
そして、あとは時間との闘いです。

水素水は脳梗塞予防にも治療にも効果あり

動脈硬化と水素水の関係はここで説明しました。
脳梗塞にも活性酸素が深く関わってきます。
身体内の活性酸素を除去することで、脳梗塞にも効果があると考えられます。

実は、脳梗塞による身体の細胞壊死に水素ガスが効果的だという実験結果も出ているのです。
一般の病院での脳梗塞治療にも一部取り入れられ始めてきています。

水素は脳梗塞を予防し、また、脳梗塞後の治療にも役に立っているのです。

水素水は毎日飲みましょう

水素は水素水として毎日飲むことで、簡単に身体内に取り入れることが出来ます。
水素水研究で有名な太田成男氏も、水素水を飲む、または水素風呂に入ることを勧めています。

水素水は、アルミパウチに入っているものがおすすめです。
というのも、水素は非常に小さな分子のため、水素水として水に溶けていてもすぐに逃げ出してしまうのです。
水素が逃げにくいのがアルミパウチ製法なのです。

業界最高の3.0ppmという濃い水素濃度の水素水「トラストウォーター」は、アルミパウチ製法なので、毎日水素水を飲む方に是非オススメしたい商品です。
水素水を毎日飲むことで、脳梗塞を予防していきましょう。


おいしい水の水素水 一覧

アンチエイジング効果 一覧

健康になる

水素水が予防に活用

水素水ランキング

高濃度水素水 レビュー

トラストウォーター