水素水 TOP > パーキンソン病 > 水素水はパーキンソン病にも効果を示す

水素水はパーキンソン病にも効果を示す

活性酸素とパーキンソン病

パーキンソン病は脳内の黒質の神経細胞が徐々に減少し、分泌されるドーパミン量が減ることで起こる病気です。
ドーパミンの分泌が減ることで、脳からの指令が身体に届きにくくなり、身体に様々な障害を引き起こします。

パーキンソン病は、現在でも原因が完全に解明されている病気ではありません。
しかし一説によると、活性酸素による酸化ストレス、神経細胞の破壊が原因ではないかといわれています。

活性酸素を取り除くために有効な手段として水素を使った研究がすすめられています。

おいしい水の水素水 一覧

アンチエイジング効果 一覧

健康になる

水素水が予防に活用

水素水ランキング

高濃度水素水 レビュー

トラストウォーター