水素水 TOP > パーキンソン病 > 水素水とパーキンソン病の実験①

水素水とパーキンソン病の実験①

2009年、九州大学大学院薬学研究とパナソニック電工の研究グループは、水素水が活性酸素が原因で起こるパーキンソン病の予防、治療に有効であるということを発表しました。

これは、予め1週間ほど水素水と通常の水を飲ませ続けたマウスにパーキンソン病と同様神経細胞を脱落させる薬を投与して、その後も同様に水素水と通常の水を飲ませ続けるという実験です。
この結果、0.08ppm以上の濃度の水素水を飲んだマウスでは、神経細胞の減少が抑えられたということが確認されたそうです。
また、神経細胞減少の原因となる活性酸素の生成量なども大きく抑えられていたそうです。

このことから、活性酸素が原因で起こるパーキンソン病の予防や治療には、水素水を飲むことが有効であるということがわかりました。

おいしい水の水素水 一覧

アンチエイジング効果 一覧

健康になる

水素水が予防に活用

水素水ランキング

高濃度水素水 レビュー

トラストウォーター